こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

壬生

いま、母がおともだちと京都に旅行しています。
夜電話がかかってきて、
今日は壬生のほうまで行ってきたと話してくれました。
八木家は入場料1000円某(お抹茶つき)だったそう。
ソーエクスペンシブ…。


今年、我が家は今まんまと新選組ブームです。


私は学生のころからどちらかというと元禄(忠臣蔵)派で
幕末(新選組海援隊)派ではありませんでした。
だから今、未知の分野にディープに入っていく楽しさを
満喫しております。


大河ドラマ新選組!』。
三谷脚本とマニアックな役者の顔ぶれで、
その顔ぶれに対する「あて書き」で生まれてくるニュアンスが
めっぽう楽しい。
今までの大河ファンの方や
古参の新選組ファンの方には抵抗がある部分もあると思うけど、
好きなものこそ、いろんな角度から楽しまなきゃ損!


1月に始まって以来、もう笑いっぱなしの日曜日なのですが、
先日の殿内義雄(生瀬勝久)斬殺で冷や水をかけられた。
楽しかった多摩時代は帰らない。
あのモナリザのように不思議な微笑を絶やさない
山南さん(堺雅人)も、いずれ死んでしまう。
そうだ、これ、話が進むにつれて辛いことしか起こらないんだった…。


藤堂平助もそう。
名前を覚えてもらっただけで目をキラキラさせる、
元気いっぱい廊下にぞうきんをかける、
どこから入手したのか巨大な数珠で場所とりに勤しむ、
全力で相撲イベントを盛りあげる、
落としたまんじゅうは断るのに落とした芋は食べようとする、
縫い物する姿が妙に所帯じみてる、そして
「わたしにはこの人のためなら死ねるっていう人がふたりいて」と
静かににっこりする、
勘太郎さん演じる、大河の藤堂平助
この平ちゃんも死んじゃうのかと思うと、
いっそ池田屋で終わってほしいとすら思う…。