こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

キャパ

恵比寿の東京都写真美術館
ロバート・キャパの写真展を見に行きました。
この写真はキャパのじゃなくて、
美術館の外壁にかざってあるロベール・ドアノー作品だけど。


最終日とあってものすごい人だったのですが、
写真そのものが小さいから遠めだと見えないため、
みんな壁にちかづくのに必死!


戦場カメラマンという言葉が非常にリアルな今、


「写真は芸術だという人がいるが、
 それは報道写真ではない。
 報道写真というのは職業であるべきだ」


という向きのキャパの言葉は重いです。
彼の撮ったものだけでなく、
来日したときの彼本人の写真もありました。
なんかの店の暖簾をくぐって出てくるキャパ、
その前にほとんどカツオとワカメみたいな
典型的な日本人の子供がなにげに写っていて、
その雰囲気がとってもよかった。


ついでに寄ってみた上のフロアの
「日本のドキュメンタリー写真家」の展示も、
これは現役の報道写真家たちの作品が
10点ずつくらい展示してあって、大きな衝撃。


東京都写真美術館HP http://www.syabi.com/