こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

ライブ終了

なんか1月のときより、アガっちゃった。
生まれて初めて、本番でコードと歌詞がとびました。
一生、2番がはじまらないところだった。
たいへん申し訳ない、ごめんねおおまり、みうみう。


でもまたまた楽しかったなあ〜。
ことが終わるとすぐ「楽しかった」になって
細かいことを忘れてしまうところがある自分、
常々反省しているのだが。
短期記憶機能が劣化しているんだろうか。


そんなような話を打ち上げでしたような気がするんだけど、
そこに至った経緯は、たしか…


外人向けの漢字が書いてあるTシャツってあるよね

でも「弱」や「鰯」や「机」はどうかと思う

Tシャツならまだしも入れ墨で入れてしまった日には

そういえば映画『メメント』で
主人公は忘れちゃいけないことを体中に入れ墨

短期記憶機能喪失


打ち上げ会場は前回と同じく、
京王線渋谷駅近くの「山家(やまが)」。
大阪から上京中のだいじな時間をさいて来てくださった河村さんと、
おともだちの安藤さん、
野武士な多川さんも一緒に飲みました。


そしていったん解散したものの、
そのままのメンバーですぐ隣くらいの別の居酒屋で
ごはんものを食べて、もうひと飲み。


みな無事に帰れただろうか。
私はあんまり眠かったので、
ハチ公口交差点にあるスタバでラテを買ってから帰りました。


あらためまして、お足をお運びくださったみなさま。
励まし、支えてくださったみなさま。
ほんとうにありがとうございました。
次回もがんばるぞ!