こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

沖縄

ひめゆり部隊の話をそれとして認識したのは、
小学生のころ、
夏休みレポートの宿題が出て
そのために調べたのが初めてだったと思います。


充分に大きなショックだったはずだけど、
今日、ミュージカル『ひめゆり』を観て、
そのときとはまた違う衝撃を受けました。
観ていて気持ちがへとへとになる舞台でした。


このミュージカルは繰り返し上演されている作品で
(私は初めてでしたが)、
語り継がれているエピソードを
できるだけたくさん形にしようとしているために、
ある意味、現実から離れている部分もあるのかもしれません。
だけれども、最初から最後まで通して、
生きる権利を当然もっていた普通のひとたちが
戦争によって理不尽な哀しみを強いられた姿を
強く訴えています。

それと、これだけのことが綴られていても
「誰々(敵国、あるいは本土)が悪い」というところでなく、
それをとびこえて「戦争をしてはならない」というところに
たどりつくようできているのが
なおのことすごい、と思いました。


憎しみは、それを体験した人だけに許される感情であり、
他人が代弁できるものではないと思うのです。


当時のひとびとが抱いた思いを
そのまま舞台にのせることはできないけど、
だから、この舞台の作り手は思いきって「超訳」したのだと思う。
あれがもう、ぎりぎりのところだったんだと受け止めました。