こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

ミスティック・リバー

アカデミーノミネート作品鑑賞第1弾
ミスティック・リバー』。


観ているうちに、どんどん問題がすりかわっていく。
シェイクスピアのようでもあり、
ギリシャ悲劇のようでもあり、
西部劇のようでもあり。


ただ、西部の町に吹くような
カラカラに乾いた風はいっさい吹かず、
町の空気はじっとり澱んで流れません。


「人生の早い時期にババをひくことが決まってしまうと、
 その後どんなにがんばっても運命は逆転できない」


という、これもアメリカなんだっていう、
そういう怖い映画を
イーストウッド監督は撮ってしまったのではないか、
という気がしました。
この町も、教会に集う人々の笑顔とか、楽し気なパレードとか、
そういう表面的に平穏な暮らしのすぐそばに
濁った川が流れていて、
その底に葬られたものは二度と浮かびあがってきません。


怖いです。


でも、もっと怖かったのは、その川が
「それを越えて外へ出て行った人間を二度と受け入れない」
ようにみえたこと。


遊び友達だった3人の少年。
長じてふたたび接点を持っても、
いくつかのシーンで出てくる
「あいつは友達じゃない」的な台詞で切り離されてるのは、
刑事になったショーン(ケビン・ベーコン)だけなんだよね。
被害者の父=ジミ−(ショーン・ペン)と
被疑者=デイブ(ティム・ロス)の関係のほうが、
まだ体温がある。


ショーンは外へ出て行った人間、
ジミ−とデイブは町に留まった人間。
よそ者に対する暗黙の疎外。


でもなあ、それでもいいからデイブこそ、
子供のときの事件のあと、町を離れてしまえばよかったね。
そうしたら、もしかしたらだけど、
「生き返る」ことができたかもしれないのにね。


ジミーの奥さんをマクベス夫人のように演じた
ローラ・リニーも、とても印象的でした。