こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

…などの衝撃的なイラストで、
最近大いに我々を笑わせ、
いや驚かせてくれている吉野圭吾画伯がご出演される
『ウィンター・ローズ』を、
博品館に観に行きました。


宝塚の若手演出家、荻田浩一の原案・構成。
オギーこと荻田先生は、
顔が果てしなく球形なことで有名な
なごみキャラなのですが、
その作品は果てしなく耽美で哀しい。


終演後の、後ろの席の人たちの会話。

「はあ〜、オギーってこういうのホントにうまいよねえ。
 心を病んだ美女の話みたいなやつ」
「綺麗だよねえ」
「前やったグンちゃん(月影瞳)が主役のやつもよかったよ」
「それどんな話?」
「心を病んだ美女の話」


今回の美女は星奈優里ちゃんで、
それはそれは美しく踊っていらっしゃいました。


それと、伊藤明賢さんは、
ものすごくものすごく踊れる人だった。
ココリコ田中に似た、長身のハンサムさん。
数年前に観た『ボーイズ・タイム』というミュージカルでの
ホスト役以来だったので、驚き!
考えたら、あのときも相当踊ってたんだよな。
でもどうしても
「おしぼりです!」とか
「俺、いま眉毛なくない?」
の印象が強くって(笑)。
今後の要注意人物!