こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

月も朧に白魚の

やっぱ『三人吉三』はいいねえ。
『浅草新春歌舞伎』、夜の部(といっても午後3時開演)を
観に行きました。


先週観た昼の部と演目は同じで、役柄シャッフル。
形が違うので、
またぜんぜん別の芝居みたいで楽しめます。


今日のお嬢吉三は勘太郎さん。
七之助くんのお嬢と見比べると、
ふたりの個性の違いがはっきりわかります。
ともかく綺麗でちょっと憎らしい感じの七之助お嬢と、
表情豊かでやんちゃな少年っぽい勘太郎お嬢。
こんな観比べ、なんて贅沢な話。


獅童さんは『毛抜』で探偵・粂寺弾正あい勤め候。
ダブルでフラれて「面目次第もございません」がカワイイ。


男女蔵さんはどの役をやってもどっしりとしており、
全体的に線の細い若手芝居のおもりになってる感じ。
それぞれを動物に例えると、というアンケートで
他の役者陣から「バイソン」とか
「マウンテン・ゴリラ」とかいわれているあたり、
普段のキャラも懐が広いのでありましょう(笑)。


亀次郎さんは『吉野山』の忠信狐。
最後、花道に残ってからが、
どどどどうしたの亀ちゃん!?
っていうくらい凄かった。


いやほんとに、いいねえ歌舞伎は。


帰りは境内にまわりこんで、
前回割愛してしまった浅草寺参り。
1週間遅れの初詣、面目次第もございません。