こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

いい塩梅

4月にWOWOWで生中継した
オケピ!』のビデオを観てみました。
あらためて、すごい作品だなあと思った。


三谷さんの脚本ってのは、
何度も同じ会話が繰り返されてるうちに
状況がぐんぐん進んで行ったり勘違いが起こったり、
そこが最高におもしろいのですが、
演じるほうの役者さんたちは覚えるのがたいへんで、
あんまり似たやりとりを繰り返すものだから
うっかりすると今どこをやっているのかわからなくなっちゃうことが
あるそうです。


ところで今回、小橋賢児くん演じる
西尾くん(今回だけピンチヒッターで参加した
パーカッションの学生さん、という役どころ)が、やけに印象的。
本番中だというのに演奏以外のことでバタバタな大人たち、
真剣な質問に「そんなの適当でいいよ!」と答えられて大ショック。
プチ切れしてるうちに結局シンバルのタイミングをはずして
凹んじゃうという。
多分、小橋くんがまだそれほど舞台慣れしていない
(もしかしたらそういう演技なのかもしれない)のがよかった。
ひたすら一生懸命な姿が、
ちょうど西尾くん像と重なって胸を打つんですね。


しかしラストに近づくにつれて若者は、
身勝手で文句ばかりで夢もへったくれもないとヤツらだと思いかけてた
その大人たちが、実は、ある意味誇りを持った
立派な「音楽家」であることを知るわけです。
理想的とは言い難いけど、捨てたもんじゃない職場。
人生には、このくらいの塩梅がちょうどいいのかもしれない。