こまりさんの、はらぺこ手帖。

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

コーヒーショップ

街にコーヒーショップが氾濫している。
ちょっと嬉しい。


スタバが上陸してすぐの頃は、
いくら美味しくても毎回300円弱というのは
やっぱり高いんじゃないかと悩みつつ、
なんとなく「スタバのカップを持っている私」という
小さな自尊心が癖になり、
半魚人…人魚か、の看板を見ると反射的に扉をくぐっていた。


でも最近は、他のコーヒーショップも
ずいぶんがんばりをみせた結果、
「○○○のカップを持って歩いてる今日の私」の
○○○のところが、
別にスタバに限らずともオッケーな時代になってきました。


先発隊のドトールなんかのカップもずいぶんおしゃれになったよね。
どこで一服するか迷った場合、選ぶ基準は、
値段ならドトールかベローチェ
煙くないところでゆっくりしたければスタバ、
一緒に行く人が吸いたがりそうなときは分煙のタリーズ
軽く一杯ひっかけておきたい場合は
エクセルシオールカフェセガフレード(既にコーヒーではない)。


セガフレードはドリンクのスタンプカードシステムもあるうえ、
パニーニなんかの暖かい食事系から
ドルチェまで揃っており(味はそこそこ)、
そして本来のメインであるコーヒーの技術もなかなかのもの。
ちゃんとフォームミルクがハート形になってます、
こんな感じで。