こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

偶発パン

アルバイト先で、午後、
お店の地下にある厨房で焼きあがったばかりのパンを
試食することになりました。
白っぽい柔らかいパン生地に中身はいろいろ、
たとえばあんこがぎっしり入ってるやつとか、
子供向けに甘いクリームをはさんだやつなんかがあったんだけど、
そのうちのひとつが最高に美味しかった。


「旨い!」「売れる!」「これなら買う!」「太らないし最高!」


と騒いでいたら、職人さんは、


「それさあ〜、もうなんか入れるもんなくなっちゃって、
 ちょうど余ってたからいいやと思ってついでに作った
 おまけ作品なんだよね…」


と凹んでいた(笑)。
そういうもんなんだよねえ。
この偶発パン、うまくすれば
プチブームくらいになるんじゃないかという気さえするんだけどな。
発売まではいましばらく企業秘密にて。