こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

中ノ島ブルース

今まで大阪に旅するというと
たいてい真夏かお正月だったので、
この季節の梅田界隈、5月の風吹く中ノ島というのも
ちょっと新鮮でした。
どうしても両親に見せたかった『オケピ!』が、
どうしてか大阪フェスティバルホールのチケットだったため、
まあ仕事と絡めての旅行とあいなったわけである。


夕飯は、前に地元の友だちに連れていってもらった「しゃぶ亭」へ。
しゃぶ亭というからにはしゃぶしゃぶ屋なのだが、
なにが感激するって、各々にマイ鍋があるということ、
お肉から野菜、うどんに至るまでかなり美味しいのに
コースで2000円足らずという安価であること、
そして店員さんのほとんどが一見ホスト見習いみたいな
軟派なルックスにもかかわらず、
店員同士で話すときさえ決して丁寧語を崩さない
体育会系であること(というか店長がとても怖い)。


大満足!