こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

叱られ坊主

今週は劇場通いで嬉しい悲鳴。
締めくくりはシアター・サンモール
『叱られ坊主ーサトウハチロー物語』。


サトウハチローは「小さい秋みつけた」や
「りんごの唄」なんかを書いた詩人です。
その作品からは痩身で穏やかな紳士がイメージされるけど、
実は豪放で涙もろい天才、
モーツアルト+ジャイアン)÷2みたいな人だったらしい。


退学、勘当を繰り返す、典型的な父と息子の確執。
一方で小さく、弱々しい母の存在が
よけいに幼い彼を苛立たせたようです。
しかしやがて彼女が離縁先の実家で亡くなってしまうと、
ほんとうは叱られたかった、
強く抱き締められたかったんだとハチローは泣きます。
男の子だね。


男の子といえば劇中の、


「黄昏の少年はひとさらいに怯えている。
 そして、怯えながらそのひとさらいを待っている」


というのがなんともいえずショッキングでした。
あと、舞台本筋からははずれるけど、
パンフレットで出演者にメッセージを寄せていた
俳優の山本學さんの言葉。


「人の芝居が下手に見える時は、
 自分が退化している時です。
 私の経験です。忘れぬように」


決して忘れぬようにしたいです。