こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

エコール

ミュージカル『レ・ミゼラブル』のお稽古場にお邪魔しました。
出演者役者を対象とした、
翻訳家の先生によるレミゼ講座が開かれています。


この舞台、アンサンブルの役者さんはもちろん、
結構なメインロールであっても、
シーンによっていろんな役柄で
登場しなければならないことがあります。
パン屋のおやじになったり、学生になったり、
物乞いになったり。
台詞として指示がないそういうシーンこそ
的確な役づくりが必要なのですが、
そのためには、フランス革命当時のパリの生活を
きちんと理解していないと、きっと
とんちんかんなことになってしまうのです。


歴然とした身分の違い。
孤児たち。
劣悪な衛生状態と偏った食生活。
満足のいく医療も受けられずに死んでいく貧しい人間が
いかに多かったか。


ひとつひとつかみ砕いていくと、
ファンテーヌの若すぎる死が、
コゼットやエポニーヌのぎりぎりの頼りなさが、
バリケードで立ち尽くすアンジョルラスの喪失感が、
そして彼らをとりまくパリ市民たちの表情というものが
リアルにイメージできるようになってくる。


まじめな顔で取り組む役者さんたちの姿が素敵でした。


そのなかに、以前スタジオでご一緒させてもらった
阿部くんと宮ちゃん発見。
さすが。がんばれ市民諸君!