こまりさんの、はらぺこ手帖。

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

悲願達成

「明日、現場写真を撮ってもらいたいんだけど大丈夫?」


編集部で、そう聞かれたのが昨日。
事務、編集、取材、執筆、撮影、
とりあえずなんでも勉強させていただけるらしい。
ありがたい話です。


写真を撮るのは好きだけど、
あくまでも旅先でパチパチやったりする程度なので、
仕事というレベルで撮れるのかどうか。
しかも一眼レフのシャッターをきるのは初めてです。
うわーぶっつけか、勝負だなあ…と
覚悟を決めたものの、
行く先を聞いて腰を抜かしました。


十数年来、ずっと憧れていた役者さんのインタビューの現場だってよ!


き、急すぎる。
あまりのプレッシャーに
一晩でものもらいができた。
そこはしかし気合いで治して会場に乗り込みました。


どうにかクリア。


できたのではなかろうか。


よく覚えていない(笑)。


しかし、夢っていうのは
結構、あっけなく叶ってしまうこともあるものなのですね。
そして、カメラと格闘するのに精一杯だったため
「いま同じ部屋にいる!」とかいう感動を味わう余裕すら
まったくなかった。


…ちょっと損した気分(笑)。