こまりさんの、はらぺこ手帖。

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

挨拶せい!

いきなりテーブルが揺れたので
びっくりして顔をあげたら、
背広姿のサラリーマンがカップを置き、
向かいの椅子にバサバサとコートを置いています。


都内某所スターバックス、2人がけの丸テーブル。


こちらはひとりだし、
混んでるときの相席はやぶさかではない。
やぶさかではないのだがしかし、なぜ無言?
「すいません、相席いいですか」のひとことが


な ぜ 出 な い ?


やがてそばのテーブルが空くと、
またしても無言で机を揺らしてそっちへ移り、
合流した連れの男性とノートパソコンを広げて


「それくらいあいつらにやらせとけばいいんだよ」
「けどリスクでしょう」


とか、おっぱじめました。


なにがやらせとけじゃ。
リスクじゃ。
語彙がベタなんじゃ。
キミタチがなにを動かしている「つもり」になっているかは知らないが、
挨拶のできない人間のやれることなんて
たかが知れてるんだぞー!


と、心の中で吠えていた(しょぼい…)ところ、
反対側から元気よく
すいません!と声をかけられた。
金髪の若者グループである。


「あのーこの椅子あいてますか?借りてもいいですか?」


…もちろんだともー!


君たちこそが、日本の未来を動かしてください。