こまりさんの、はらぺこ手帖。

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

本のこと

64

横山秀夫の小説「64」を読みました。 上巻では、主人公の置かれてる環境がすこぶる息苦しいのとインプットしなきゃいけない情報も多いために少しずつしか読み進められなかったんだけど、下巻に差し掛かったら突然展開が加速して読んでいるこちらもヒートア…

フォント怖い

二度見したわ(笑)