こまりさんの、はらぺこ手帖。

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

welcome|ようこそ

ライター・イラストレーターの「こまり」こと、ささきまりです。 映画と舞台と音楽が、いつもわたしたちのそばにありますように。(2020年7月27日更新) topics|おしらせ 2020年7月15日(水)FLIX 2020年8月号発売。舞台『トムとディックとハリー』江田剛さ…

ティー、ティティー

ヨコティとワイティティ。見れば見るほど違いがわからないのよね。 疲れてるのかしら。 ヨコティ(横田栄司)素敵なお芝居をする素敵な役者さん ワイティティ(タイカ・ワイティティ)素敵な映画を撮ったり素敵なお芝居をする素敵な映画監督さん

パプリカ

広東麺。彩り美しい。

スリーピー・ホロウ

というか、ティム・バートンっぽい。

白夜

映画『ミッドサマー』。怖いというより、痛くてしんどいっす… アリ・アスター監督がすごいピュアに嫌がらせしてくる感じ。ヒロイン、ダニーが花冠かぶって踊るときの笑顔ほんとにほんとに可愛いのに…。 メンタル強いときに観ることをお勧めします!

まいにち

うがい手洗いはいつもよりしてごはんを抜かずになるべくよく寝て普通に生活します。仕事して、掃除して、買い物して、映画もお芝居も観に行きます。

エビ炒飯

中華鍋と火力と、プロの腕前のなせる技なのね。

それぞれ

考えが違うのはしかたないんや。いったん落ちついて、免疫力あげよう。

しいたけそば

冬はこれ。ほんとに美味しくて、電車に乗って食べに行く。

ヴォイス

声枯れが一年近く治らないので、とうとう、声専門の病院に行ってみました。 ポリープじゃなかった、よかった…。しかし、 「内視鏡でも声帯見えづらいんですけど、 今すごい緊張してます?」と、先生が困っていた。 たぶんだけど、生活すべてにおいて余計な力…

満開

毎年いつのまにか。

本番

無事に終わりました!楽しかった。もっと踊りたい。お世話になったみなさま、ありがとうございました!

新品あるある

昨年末から何度も店頭に通っては迷い昨日とうとう思いきって購入した白いキャリーのデビュー日が 雨だよ。

ゆず

乗せたら、急激にオシャンティーに。

謹賀新年2020

あけましておめでとうございます。 今回の紅白、すこし地味だった感じもよくてやっぱり楽しかったです。おせちまでは到達できませんでしたが大根スープと筑前煮は作りました。 今年もなにとぞ面倒みてください。よろしくお願いいたします。

なぜ3か所も…

10日前にやらかしてしまった左脚の肉離れ(3箇所)があまりに治る兆しがなく、クリスマスや年末どころではない。 鍼で散らすほどの緊急性がないと思い自然治癒を早めたい一心でドイツ系の整体を調べて2回通ったのですが、確かに手をつかないで立てるよう…

コルレオーネ感

とうとう観てしまった…映画『アイリッシュ・マン』。 おかしい。 好きな人たちしか出てこない。 そして彼らの年功序列や関係性が微妙にズレているのもおもしろい。いつも切れるはずのジョー・ペシは一度も切れず、周りを振り回してきたはずのデ・ニーロが振…

イエスタデイ

ビートルズには少し遅れて生まれた自分でも、毎日の暮らしが知らないうちに彼らの曲とともにあったことを気づかされた映画『Yesterday』。 まんまる黒目の主人公ジャックを演じたヒメーシュ・パデルの声が、柔らかくて心地いい。そしてヒロイン可愛いなあ、…

ゴッサムシティ

バットマンスピンオフ映画『ジョーカー』。 肋骨が浮き上がるほど痩せて皺々に干からびたホアキンがただもう美しくてずっと見惚れてしまいました。それと、やっぱり目だよね。あれ何色って言えばいいんだろ。 「自宅で妄想リハーサル」の場面では、『タクシ…

リンゴ

ほんのちょっとの悪意と、あふれんばかりの愛情をもってキリスト教をディスりまくる映画『アダムス・アップル』を観ました。北欧作品ってこういうテイスト多いよね。『神様メール』なんかとても好きです。パッツパツのポロシャツ着た元ネオ◯チおじさんの主人…

セッション

昨日、なんかやりきれなくて眠れず夜中に部屋掃除しながらとりあえず映画でも流しとこうと思いチャゼル監督の『セッション』選んだら、テンション振り切れてさらに目が冴えてしまって大失敗。

カルチャークラブ

スタバのBGMが、『カーマは気まぐれ』。

おばけ

一袋100円という価格なうえかわいくて気分が上がるのですごい重宝してる、メラミンスポンジ。 超かわいい。 ただ… 毎日の別れが辛い。

ハワード

お片づけをしていたらアナロググッズがいろいろ発掘されたので聴きたいのだけど、さすがにもう作動しなかったわ。カセットデッキってまだ普通に売ってるかな。

めだまやき

わりとうまくできた。

ソウル・オブ・ア・マン

ミュージカル『キンキーブーツ』を観ました。再演にして、初見。そして絶句。イギリスの田舎町、潰れかけの靴工場で詰んでる若社長チャーリー(小池徹平)と、同じく田舎町の出身で、ようやく場末のキャバレーでスターを張ってるドラァグクイーンのローズ(…

20190408

がんばっていきまっしょい。

タコライス

うわあ…

遅くなりまして

アカデミー賞の『アリー』パフォーマンスにおけるレディー・ガガとブラッドリー・クーパー風。ようやく仕舞う。

脚長くない?

マンションの階段の途中にこれ置いたん誰や!へんな声出たわもう…