読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こまりさんの、はらぺこ手帖

今日もごちそうさまです。

浮標

世田谷パブリックシアターで、
ずっと観たかった『浮標』を
ようやく観てきました。
 
原作で舞台になっているのは...
日中戦争の頃合い、
結核を患った妻を懸命に看病する
絵描きの男が主人公。
 
黒い舞台を四角く掘って
白い砂が敷き詰められた、
二村周平さんの美術がシンプルで美しい。
その砂場は絵描きの家の畳の部屋になり、
庭になり、家から離れた砂浜にもなる。
上品ながら泥臭い登場人物たちの会話は
2度の休憩をはさんで
実に4時間にもおよびます。
 
とくに、池谷のぶえさんが演じていた
妻のお母さん、
死にゆく娘を愛しているのもほんとう、
だけど財産分与のことで頭がいっぱいなのもほんとう、
という人間像がリアルで、
痛いけど、憎めませんでした。
 
タイトルの「浮標」(ぶい)ですが、
芝居でも舞台でも、
こういうシンプルなタイトルの場合
どこでそれが出てくるのかしらって
気になりつつ物語の先を追うものですが、
今回は、主人公夫妻が信頼しているお医者さんが
妹を伴ってたずねてきて、
もうシーズンオフの寒い海辺で泳いでいるのを
妹が浜辺で
  
「あそこにいますよ、赤い浮標の、すこし右のところ」
 
みたいなことを言いながら指差す場面で
初めて出てきたかと思います(逃していなければ)。
 
どうしてなのかな。
 
海に浮かんでいる浮標は
命の指針になるものなのに
ぷかぷかしてとても頼りなく、
誰かが生きるために信じてようとしている
いろいろな「浮標」も、
前提が揺らいだら
とたんにどこかに流れていってしまうような
そういう頼りないものだったりするのかな、
と思ったり。
 
たぶん、検索すれば
いろいろ答えがあるんだろうなと思いつつ、
しばらく調べずに考えることにしました。
 
舞台をご覧になった方、
原作をお読みになった方がいらっしゃれば
ぜひとも、いろいろお聞きしたいです。